録音内容を文字にできる

オペレーター

会議の議事録を正確に取るのは会議の参加者を書記とするとかなり難しいことが多く、かといって書記担当者を会議に参加させると費用負担もかかります。このような状況でどのようにして効率よく正確な議事録を取るかは企業にとって大きな課題です。この解決方法として利用されるようになってきたのがテープ起こしのサービスです。まずはそのサービス内容について確認しておきましょう。テープ起こしは単純に録音内容を文字に起こしてくれるもので、昔はテープを使用していたのでテープ起こしという名前が定着してしまっていますが、基本的には録音された音声内容を文字にしてくれます。CDやMDでも構いませんが、音声データであっても問題ありません。複数の人が登場してくる場合には、人ごとに分類して誰が何を言っているのかを全て記入して仕上げてくれます。一般的には起こした文字数または録音されているデータの長さによって価格が決まる仕組みになっています。また、日本語だけでなく英語や中国語などにも対応しているサービスもあります。ただし、日本語に比べると外国語の方が単価が高かったり、追加料金が発生したりする仕組みになっているので利用の際には注意しましょう。

議事録を正確に記録できる

PC操作

会議の議事録の記録に関わる課題解決という観点では、書記担当者を置くコストをかけることなく議事録を正確に記録できるのがメリットです。会議の際には録音をしておくだけでよく、そのデータをテープ起こしサービスに出して文字にしてもらえば議事録がほぼ完成します。最後にやらなければならないのはどの発言を誰が行ったかの紐付けや、会議の目的や参加者を追加すること程度です。もっとわかりやすくしようという場合には要約やまとめ、今後のアクションなども記載するのが望ましいですが、最小限の労力で完璧な議事録ができあがります。テープ起こしを利用しないと議事録の要約などを書こうとしたときにも記憶に残っている情報量が少なく、もしかすると誤解をしていたために内容が正しくないという状況が発生するリスクもあります。確実に議論した内容を書面で記録できるのはテープ起こしを利用する魅力です。音声データのまま保存しておくと誰も聞かないという問題が生じますが、議事録は簡単に目で見て欲しい情報を手に入れられます。会議が終わった後も有効活用される資料ができあがるので活用するメリットは大きいでしょう。

広告募集中